top

小児歯科

お子様の歯科治療

お子様のお口周りを常に健康に保つためフッ素塗布やシーラントなどを行っております。
シーラントとは奥歯の溝に詰めることによってフッ素を放出する材料です。もちろん健康保険対象内の治療であり、歯も削る必要がありません。生えたての歯は虫歯に対して無防備な状態です。

私たちとお父さん、お母さんが協力して積極的に、お子様の歯を虫歯から守ってあげることをお勧めします。
また、大人同様、正しいブラッシングや口腔ケアの指導を丁寧に行い、幼い時からしっかりとした歯ブラシの習慣を身につけることはお子様にとって一生涯にわたりとても有益なこととなるでしょう。
尚、治療はお子様が当院に十分に慣れてから行いますのでご安心下さい。

また、虫歯予防に効果のあるフッ素塗布やシーラントなどお気軽にご相談下さい。

当院の小児歯科の特徴

特徴1

お一人おひとりのお子様に合わせた歯科治療を行ないます

当院ではフッ素塗布やシーラントなどの虫歯予防の他、緊急の場合を除き、お子様が当院に慣れてから実際の治療を始めますので、ご安心ください。

特徴2

初診時にはなるべく歯を削りません。

当院ではお子様はもとより、大人の方でも初診時には歯をなるべく削りません。まずはお薬などで歯茎の腫れをひかせてから、実際の治療を始めます。また怖がりのお子様の場合、初診時に診察台に座って頂かず、専用のキッズスペースで遊びながら当院に慣れていただくこともございます。診察台にお座り頂いても、診察台を倒しお口を拝見しますと、お子様は圧迫感を感じますので、診察台を倒さず院長がお子様の目線に座りながら診療を行います。

特徴3

麻酔はなるべくしません

麻酔をしますと、治療後に唇を噛んでしまうお子様もおられます。 そこでジェルやシール状の表面麻酔を行い、歯を削る器具もお子様の負担の少ない極力小さなものを使用しております。その後、手で優しく丁寧に虫歯部分を取り除きます。

フッ素塗布

歯質を強くしてむし歯に対する抵抗性を高めることのできるものは、現在のところフッ素だけしか分かってません。
むし歯を予防する上でのフッ素の作用は次のものがあります。

  • 1. フッ素がエナメル質(歯の表面の層)にふれると、エナメル質の結晶が硬く強いものに変化しむし歯の原因菌に対する抵抗性が高くなります。虫歯になりかかった部分には、フッ素が取り込まれ易く、その部分を修復する現象(再石灰化)を促し、むし歯の進行をおさえます。
  • 2. フッ素の作用は歯に対するものが主体ですが、口の中の環境にも作用します。むし歯は、むし歯の原因菌のつくり出す酸によって発生しますが、フッ素はその酸をつくり出す原因菌の働きも弱めます。

このようなフッ素の働きにより、虫歯から歯を守ります。

シーラント

シーラントとは、奥歯の溝を薄いフッ素入りのプラスチックで塞ぐむし歯予防法です。
奥歯の溝は複雑な形をしているので、歯ブラシの毛先が入らず、そのために毎日歯磨きをしていてもむし歯になってしまうことがありますが、シーラントで奥歯の溝を塞ぐことにより、奥歯の溝のむし歯を防ぐことが可能です。

ページのトップへ