top

予防歯科

予防歯科の重要性 3~4ヶ月ごとに必ず検診を受けましょう!

今までは、むし歯や歯周病で歯が痛くなってから歯医者さんに行きそれから治療を行うという流れが多かったと思います。
しかしそれでは、だんだんと大切なご自身の歯を失うこととなってしまいます。虫歯部分を削って詰めて、また虫歯になって削って詰めて…を繰り返しますと、最終的にはどうなってしまうかご理解いただけると思います。

これからの歯科治療は、虫歯や歯周病で悪くなった部分を治療するのではなく、いかに健康な状態を長く維持する事ができるかが重要なことだと考えられています。それが「予防歯科」という考えです。

12歳児の日本人のむし歯保有数を、予防歯科の先進国であるフィンランドの12歳児と比較すると、約4 倍になっています。
その差は「予防歯科」にあると言われているようです。
当院では、患者様ごとに適した予防歯科プログラムを行い、痛みもなく、かえって心 地いいとご好評を頂いております。
予防歯科とは現在はもとより未来にも繋がる「究極の無痛治療」ともいえます。

予防歯科について

定期検診 患者様の状態に合わせ、3ヶ月に一度の定期検診を推奨していますが、毎月お掃除だけの予防プログラムを推奨しております。
定期的な口腔内のチェックや専門的なクリーニングは、お口の健康状態の回復や維持のために重要なことです。
もし虫歯や歯周病が見つかっても初期段階で治療ができるため、ダメージを最小限にとどめることができます。
PMTC PMTCとは、Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で、ドクターとクリーニング担当による専用器具を用いた歯のクリーニングのことです。
どんなに丁寧にブラッシングをしていても、磨き残しは生じるものです。PMTCでプラークの徹底除去を行い、低下しかけた口腔内の衛生状態を回復させ、よいコンディションを保ちます。
ブラッシング指導 ブラッシングを欠かさずに行っていても、自己流のブラッシングでは、正しく磨けていない場合があり、虫歯や歯周病になってしまうことがあります。
効率よく予防するには、正しいブラッシング法を身に付けてプラークをできるだけ少ない状態を保つことが大切です。
当院では、歯1本1本の生え方や噛み合わせ、年齢などを考慮し、患者様一人ひとりに合った歯ブラシを選査、おすすめしブラッシング指導を行います。
フッ素塗布 フッ素には虫歯菌が出す酸に強い歯質をつくる働きがあります。
特に乳歯や生え替わったばかりの永久歯に効果的です。
また、フッ素には歯の再石灰化を促す働きもあるため、フッ素塗布により初期虫歯の治癒も期待できます。
生活習慣の指導 予防にはブラッシングや定期検診も大切ですが、バランスのよい食生活や規則正しい生活もお口の健康につながります。
当院では患者様のライフスタイルに合わせ、予防に役立つ生活習慣の指導を行っています。
prec1

予防歯科の定番!クリーニング(PMTC)

PMTC(クリーニング)とは、【Professional Mechanical Tooth Cleaning】の略で専門家による機械を使用して行う歯のクリーニングのことです。
歯面に付着したバイオフィルムやタバコのヤニなどを除去し歯面をきれいにします。

さらにフッ素を塗布することで歯面を強化し歯を守ります。
お口の健康を維持するためにはホームケア、そして定期検診と予防、特にPMTC(クリーニング)が大切になります。

PMTCの流れ

治療計画

歯の染め出し検査などを行い、お口の中を詳しくチェックして、一人一人に合ったスケジュールを組みます。そして現在のお口の状態を説明します。(歯の染め出しは、希望の方のみ行います。)

歯石除去

専用の器具を使って歯垢(プラーク)や歯石を細部まで取っていきます。

着色除去

歯の表面に付着しているヤニや茶渋などの着色をとります。(汚れの激しい方のみ行います。)

研磨(ケンマ)

次に、研磨剤(ジェルやペースト)を使って、歯と歯の間や歯の表面を一本ずつ丁寧に磨いていきます。

ホームケア

最後に、ご自宅での虫歯・歯周病になりにくいための食生活指導や効果的ブラッシングの指導をおこないます。

PMTCで得られる効果
虫歯予防

お口の中の細菌を減少させ、プラークの再付着を防ぎます。

歯周病の改善

お口の中の歯周病菌を減少させ、歯周炎の症状を軽減します。

口臭予防

お口の中にいる菌の減少により、口臭も軽減します。

審美性の向上

着色を除去し、光沢のある歯の表面を回復します。

歯質の強化

研磨剤(ジェルやペースト)を用いることで、歯の再石灰化を促進し、歯質を強化します。

ページのトップへ