24時間WEB予約
04-2901-4666
西武池袋線 入間市駅 南口徒歩2分
埼玉県入間市豊岡1-3-18
入間市駅前リアライズB棟・1階
symbol

歯の着色・黄ばみの原因は?歯を白くする4つの方法

2022年03月29日

「最近、歯が黄ばんできた」

「歯磨きをしても歯の着色が落ちない」

など、しつこい歯の着色・黄ばみでお悩みの方も多いのではないでしょうか。

歯の着色・黄ばみを落とすだけでも、相手に与える第一印象は大きく変わり、若々しく清潔なイメージを出すことができます。

当記事では、歯が黄ばむ原因歯を白くする方法などを解説していますので、ぜひ最後までご覧ください。

歯が黄ばむ原因とは?

歯が黄ばむ原因は様々で、食事やタバコなどの日常生活のほか、生まれつきや加齢などが原因となっているケースもあります。

それぞれの原因について詳しく見てみましょう。

飲食物による着色

以下のような食品は、歯の着色に繋がりやすいと言われています。

  • 紅茶、ウーロン茶、緑茶、コーヒー等に含まれるカテキンタンニン
  • チョコレート、紅茶、赤ワイン等に含まれるポリフェノール
  • 醤油、カレー粉、ケチャップ、ウコン等、色素の濃い食材着色料

これらの食事を完全に避けることは難しいと思いますので、食後はなるべく早めに歯を磨くよう心掛けましょう。

タバコ

タバコに含まれるタールという成分が、歯の黄ばみの原因となります。

また、タールは粘着性が高く、食べ物に含まれる色素を引き付けてしまうので、非喫煙者と比べて歯が黄ばみやすくなるのです。

歯の詰め物による変色

過去に金属の詰めものを使った治療を行った方は、歯や歯茎の変色を引き起こす可能性があります。

その場合、金属を使用しない詰め物・被せ物に変えることで変色を抑止することができます。

関連記事:銀歯は白いセラミックに交換できる?

間違ったブラッシング

間違ったブラッシングによって、歯が黄色くなることがあります。

たとえば、粗い研磨剤が入った歯磨き粉を使って、歯をゴシゴシと強く磨くと、歯の表面を覆う「エナメル質」という部分が摩耗し薄くなっていきます。

エナメル質が薄くなると、歯の内部にある「象牙質」という黄色い部分が透けて見えるようになります。その結果、歯が黄色く見えてしまうのです。

生まれつき

遺伝や体質などで、生まれつき歯が黄色いという人もいます。

歯の表面を覆うエナメル質が薄く、歯の内部にある象牙質が透けることで、歯が黄色く見えてしまいます。

また、エナメル質がうまく形成されない病気「エナメル質形成不全」が原因で、歯が黄色くなるケースもあります。

加齢

歯は、加齢とともに黄色くなっていきます。

年齢を重ねると、歯の象牙質の黄色みが増していくのに加え、歯の表面を覆うエナメル質が徐々に薄くなるからです。

生活上、加齢を避けることはできませんが、ホワイトニングを行うことで白い歯を取り戻すことができます。

歯の黄ばみを防止するには?

ここからは歯の黄ばみを防止する方法をご説明します。

歯の黄ばみを防止するためには、

  • 飲食後の歯磨き
  • 間食を減らす
  • 正しいブラッシング
  • タバコを吸う時の工夫

がポイントになります。それぞれ、詳しく見てみましょう。

飲食後の歯磨き

歯についた着色汚れは、食後時間が経つほどに落ちにくくなります。

そのため、食後はなるべく早く歯磨きを行うことで着色を防止できます。

歯磨きが難しい場合は、「水で口をゆすぐ」「ガムを噛んで唾液の分泌を促進する」等、最低限のケアを行いましょう。

間食を減らす

お茶、紅茶、コーヒー、チョコレートのような飲食物は、非常に着色しやすいです。

外出先や職場など、食後すぐに歯磨きができない環境下では、間食を減らすことをオススメします。

正しいブラッシング

「強い力でゴシゴシと歯を磨いている」「ブラッシングが雑で磨き残しが多い」等、正しいブラッシングを行わないと歯の黄ばみの原因となります。

最低限意識しておくポイントは以下になります。

  • 歯ブラシを5~1mm幅で小刻みに動かす
  • 歯を1本ずつ丁寧に磨く
  • 歯ブラシを鉛筆のように持つ
  • 力を入れずに優しく磨く

タバコを吸う時の工夫

先ほど説明した通り、タバコに含まれるタールは歯の黄ばみの原因となります。

タバコを止めることができればベストですが、今すぐ禁煙という訳にもいかないかと思います。

その場合は、

  • タバコを吸ったら歯を磨く
  • 「ヤニ取りパイプ」を使用してタールの量を減らす
  • タールが発生しない「電子タバコ」に切り替える

など工夫を行い、少しでも歯の着色を抑えるよう心掛けましょう。

黄ばんだ歯を白くする4つの方法

歯の黄ばみを白くする方法

ここまで、歯が黄ばむ原因と予防方法についてご説明しました。最後に、黄ばんだ歯を白くする方法をご紹介します。

ホワイトニング用歯磨き

スーパーやドラッグストアなどで、「ホワイトニング用歯磨き粉」を見かけたことはありませんか?

ホワイトニング用歯磨き粉は、自宅で手軽に利用できるというメリットがあります。また、安価なものだと1,000円以下で購入できるので、お試し感覚で始めるのも良いですね。

ただし、ホワイトニング用歯磨き粉は以下のデメリットがありますので、長期的な使用はオススメできません。

  • 本物のホワイトニングほど効果を実感できない
  • 研磨剤により歯の表面が傷つく恐れがある
  • 歯の表面が傷つくと、かえって着色汚れが付きやすくなる
  • 着色は落とせるが、歯そのものは白くならない

歯の消しゴム

歯の消しゴムをご存じでしょうか?

歯の消しゴムは、シリコンゴムと研磨剤でできており、歯の表面を優しくこすって着色汚れを除去するアイテムです。

スーパーやドラッグストア等で1,000円以下で購入可能自宅で手軽に利用できという点が魅力です。

一方、歯の消しゴムにも以下のようなデメリットがありますので、長期的な使用はオススメできません。

  • 研磨剤により歯の表面が傷つく恐れがある
  • 歯の表面が傷つくと、かえって着色汚れが付きやすくなる
  • 着色は落とせるが、歯そのものは白くならない

歯のクリーニング

歯の着色・黄ばみを落とす方法として、歯科医院で行う歯のクリーニングがあります。

具体的には、専用の器具を使って歯の全体の清掃を行い、歯石や歯垢、歯の着色を除去します。

歯のクリーニングは、歯の着色を落とせるほか、虫歯・歯周病・口臭の予防に繋がるなどメリットが盛り沢山です。

ただし、歯のクリーニングには「歯そのものを白く効果」はありません。さらに歯を白くしたいという方は、ホワイトニングをオススメします。

ホワイトニング

ホワイトニングは、歯を削ることなく歯そのものを白くする画期的な方法です。

日本人は欧米人に比べて、生まれつき歯が黄色いと言われています。そのため、歯の着色汚れを完璧に落としたとしても、歯が黄色っぽく見えてしまう方もいます。

そこで活躍するのが「ホワイトニング」です。ホワイトニングは、安全な薬剤を使って歯そのものをで白く漂白することができます。

ホワイトニングは、

  • 歯の白さを自分好みに調整できる
  • 白く美しい歯が手に入る
  • 加齢による歯の黄ばみも解消できる

などのメリットがあり、歯の着色・黄ばみでお悩みの方にオススメです。

「歯を白くする方法を色々試したけど、どれも効果がイマイチだった」という方は、ホワイトニングを行ってみてはいかがでしょうか。

なお、当院では現在ホワイトニングキャンペーンを実施しており、16,500円~55,000円(税込)とリーズナブルな価格でご利用いただけます。

安全な医療用ホワイトニングをお探しの方はお気軽にご相談ください。

なお、当院が提供するホワイトニングは以下の通りで、患者さまのご希望や生活スタイル等をお聞きした上で、条件に適したホワイトニングをご提案します。

  • ホワイトニングGo…既成トレイを用いた型取り不要のホワイトニングです。ご自宅や出先でお手軽にホワイトニングを行うことができます。トレイはパッケージから取り出した後、すぐに装着可能で、なおかつ使い捨てのためお手入れの手間が省けます。
  • ホームホワイトニング…専用のトレイを歯科医院で作成した後、ご自宅や出先で場所を選ばずホワイトニングを行うことができます。※ホワイトニング薬剤は1本あたり2,000円~4,000円。
  • オフィスホワイトニング…歯科医院で専用の薬剤を塗布し、ホワイトニング処置を行います。より短期間で歯を白くしたい方にオススメです。

>>当院のホワイトニングはこちら

まとめ

  • 飲食物による着色
  • タバコ
  • 歯の詰め物による変色
  • 生まれつき
  • 歯の磨きすぎ
  • 加齢

など、歯の着色・黄ばみの原因は様々です。

「なぜ歯が黄ばんでいるのか?」つまり原因を特定することが重要ですので、できれば自己判断ではなく歯科医院を受診していただき、適切な対処を聞いていただくことをオススメします。

当院においても、歯の着色・黄ばみでお悩みの方から沢山のご相談をいただいております。

  • 歯のクリーニング……歯の着色を落とし、歯が持つ本来の白さを取り戻す
  • ホワイトニング……専用の薬剤を用いて理想的な歯の白さを実現
  • 金属を使わない歯の詰め物……金属による歯や歯茎の変色を防止

など、様々な治療の選択肢で、患者さまに最適な処置をご提案しておりますので、お気軽にご相談ください。

24hWEB予約はこちら

TEL:04-2901-4666

入間市駅より徒歩2分 埼玉県入間市の歯医者「しろくま歯科医院」